製品概要

通常のメスティンに比べて倍の厚み(本体1.5mm・フタ1.2mm)で製作しました。極厚のため熱による歪みを気にすることなく直火でもお使いいただけます。インパクトのあるブルーのハンドルカバーは、200℃まで耐えうる極厚(2mm)耐熱チューブを使用しており、ライターで炙っても縮むことはありません。ワンランク上のメスティンをご堪能ください。

無骨ですが、だからこそアウトドア上級者にご使用いただきたい最高のギアとなっています。一生モノとしてお使いいただける至極の一品です。

メスティンは取っ手付きのアルミ製飯ごうです。アルミは熱伝導率が高く、極厚であればより一層熱を伝えやすいため、より美味しくご飯を炊くことが可能です。ランチボックスとしても使用することができ、頑丈なためアウトドア用のギア入れとしてもお使いいただけます。

至極の一品

極厚メスティン 本体

通常のメスティンに比べて倍の厚さ(本体:1.5mm、フタ:1.2mm)となる極厚アルミ板で製造しています。熱による歪みを気にすることなく直火でもお使いいただけます。

極厚ハンドルチューブ

ハンドルのカバーには2mm厚の極厚チューブを使用。このチューブの耐熱温度は200℃です。ワンランク上ということでカラーにブルーを採用しています。

ステンレスハンドル

ハンドルにはステンレスを使用してます。目立たないハンドルですが、細かいところにも気配りを忘れていません。

フタに刻まれたロゴ

メスティンのフタにさりげなく刻まれた FIRE BANK のロゴは、ワンランク上のメスティンの証です。

日本製

日本製の証である Made In Japan の刻印もシッカリと刻まれています。

難加工の証

本製品は、平らな板を金型でこの形に成形しています。

当然のことながら、板が厚ければ厚いほどその成形は難しくなります。折り紙で鶴を折るのは簡単でも、段ボールだったらそうはいかないのに近いイメージです。そのため、大量生産向けのスピードを重視した設備では加工が難しく、職人による手作業を交えながらひとつずつ時間をかけて製造しています。

また、厚い板を深さのある形に成形することは、薄い板のそれと比べて材料に与える摩擦や負荷が大きくなります。成形時に最も負荷のかかる本体の角周辺に加工跡は残りますが、調理器具としての機能や安全面には影響がありませんので、難加工の証・無骨なギアの味としてお楽しみ下さい。

精度の高い嵌合(かんごう)

フタと本体の嵌(は)め合いもシッカリしている製品精度です。逆さにしてもフタが落ちることはありません。

ハンドルチューブ

ブルーのハンドルチューブは見た目だけではありません。2mmの極厚チューブを使用し、その耐熱温度は200℃もあります。ライターであぶっても縮むことはありません。

FIRE BANK 革製品 メスティンハンドルカバー対応(オプション)

別売りの FIRE BANK 本革メスティンハンドルカバーを装着すればより一層高級感が増します。カバーはブルーの耐熱チューブを外してからお使いください。



製品仕様

材質本体:アルミ
ハンドル:ステンレス
ハンドルカバー:シリコン
収納サイズ折り畳み時:177 × 98 × 75 (H) mm
使用時:287 × 98 × 68 (H) mm
容量本体:750 ml
ふた:220 ml
炊飯の目安約 1.8 合
重量250g
製造国日本

動画

販売はこちら

オンラインショップ
オンラインショップ